綺麗な女性

出稼ぎデリヘルでは面接時の契約書をちゃんと読もう

二人の女性

出稼ぎデリヘルに行った女性とお店のトラブルは少なくありません。そのトラブルのほとんどは実際に出稼ぎに行って話が違った、保証額が下がった。または条件が異なっていた。などの場合がほとんどです。もちろん、最初から求人サイトに誇大広告を出し、そもそも条件通りのものを出す気がないというような悪質な店舗もありますし、そういった店舗は論外です。
しかしほとんどのお店は、条件さえクリアしていればトラブルにはならないものです。それでもトラブルになってしまう場合は、女性のほうが面接時の契約書をちゃんと読んでいないケースが多いのです。面接時に説明されていなかったとしても、細かなルールや保証額の減額の規約などのことは契約書にだいたい書いてあります。保証額が大幅に減ったとしても、契約書に書いてある規約に則っての減額だとしたら、面接時に契約書にサインしている以上、文句は言えないのです。後になって「聞いてなかった」「知らなかった」と言っても通用しません。後の祭りです。
ですから、面接時に契約書はちゃんと読まなければいけないということです。もしも契約書を読んでも分からない、あるいは納得できないことがあるのなら、担当者に徹底的に聞きましょう。そこでちゃんと答えてくれない、いい加減な対応をされたのであれば、そのお店で働くのは止めておくべきでしょう。

新着記事リスト